赤ちゃんのために葉酸のサプリを飲もう|母子を繋ぐ

妊娠中に不可欠な成分

サプリ

赤ちゃんの細胞分裂に必要な栄養素を摂取できるため、葉酸サプリは人気です。葉酸は細胞分裂を促進させる働きがあり、DNAの形成にも不可欠な栄養素です。天然成分が使用されている葉酸サプリを飲むことで、母体への影響を少なくできます。

More Detail

効率的な栄養摂取とは

ウーマン

重要な役割をもつ栄養素

葉酸は細胞分裂の促進作用や造血作用などがあり、特に妊娠中には胎児の成長に必要不可欠なものなので不足しないよう積極的な摂取が勧められています。妊娠初期に十分な葉酸が摂れていると胎児の神経障害やダウン症のリスクが軽減するとされ、妊娠中でない人も貧血気味や冷え性などの改善に有効なので女性にとっては大切な栄養素です。葉酸は緑黄色野菜などに多く含まれ、できるだけそのような食材を取り入れながら普段の食事で摂取するのが一番です。しかし妊娠初期に悪阻などで食事がまともに取れないといった場合もあります。そんな時はサプリで補うのも一つの方法です。サプリもいろいろな種類がありますが、天然由来で添加物のないものを選ぶといいでしょう。

選ぶ際のポイント

サプリを選ぶ際に気をつけたいのは天然由来であることもそうですが、悪阻で香りに敏感になっている場合もあるので香りのないものであることもポイントです。飲みやすくするための香料や甘味料でも、毎日飲むものなので体への影響を考えても避けたいところです。また、葉酸はビタミンB12と協力し合って働きますのでビタミンB12が配合されているものを選びましょう。葉酸が必要な栄養素だからといって必要以上に摂り過ぎてもよくありません。食品からの過剰摂取というのはあまりありませんが、サプリの過剰摂取は蕁麻疹や吐き気などの副作用を起こす可能性があります。赤ちゃんにも小児ぜんそくなどのリスクが高くなりますのでパッケージに記載されている用法・容量はきちんと守りましょう。記載通りの容量で飲んでいれば問題ありません。

授かりたい相談に対応

女の人

婦人科では、不妊治療などから妊活へ向けたアドバイスまで行ってくれます。自己流での活動で妊娠できないケースも見聞きされており、特に晩婚による40代からの女性の妊娠へ向けた活動には、専門のクリニックでの相談が適しています。

More Detail

効果と飲み始める時期

女性

妊娠6週目まで葉酸サプリを飲んでおくと、胎児の神経管閉鎖障害が防がれやすくなります。そのため妊娠する前から、葉酸サプリを飲むという女性も多くいます。また、妊娠6週目以降にも飲み続けることで、血液が作られやすくなります。すると血液によって栄養分がしっかりと運ばれることで、栄養不足のリスクも低下します。

More Detail

このエントリーをはてなブックマークに追加