効果と飲み始める時期|赤ちゃんのために葉酸のサプリを飲もう|母子を繋ぐ

赤ちゃんのために葉酸のサプリを飲もう|母子を繋ぐ

効果と飲み始める時期

女性

神経管閉鎖障害を防止

胎児の先天的な奇形を防ぐため、多くの妊婦が葉酸サプリを飲んでいます。具体的には、飲むことで胎児の神経管閉鎖障害が防がれやすくなるのです。神経管閉鎖障害により、胎児の体では手足の神経が十分に発達しなくなります。さらに、大脳が形成されず無頭児として生まれてくる可能性も生じるのですが、葉酸サプリを飲んでいれば、その可能性が低下するのです。葉酸サプリは、神経管のもととなる部分ができあがる妊娠6週目までの間に、飲むことが大事とされています。妊娠は、多くの場合4〜5週目に判明するので、その段階から葉酸サプリを飲み始めたのでは、十分な効果が出てこないこともあります。そのため妊娠を希望する女性の多くが、妊娠する前に葉酸サプリを飲み始めています。

栄養不足や貧血を防止

葉酸サプリは、胎児の神経管がある程度完成する妊娠6週目以降も、飲むことが大事とされています。なぜなら妊娠中期になると、胎児の成長にあわせて母体から多くの栄養分が吸収されることになるからです。つまり母体の栄養分が不足気味になるのですが、葉酸サプリを飲んでいれば、それも防がれやすくなるのです。というのも、食べ物に含まれている栄養分は血液によって全身に運ばれるのですが、葉酸には造血を促す効果があるのです。つまり葉酸サプリを飲んでいれば、それだけ血液が増え、栄養分が運ばれやすくなるということです。そのため栄養不足のリスクが低下しますし、さらには貧血で倒れる可能性も低くなります。もちろん胎児の体にも、よりしっかりと栄養分が運ばれるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加