授かりたい相談に対応|赤ちゃんのために葉酸のサプリを飲もう|母子を繋ぐ

赤ちゃんのために葉酸のサプリを飲もう|母子を繋ぐ

授かりたい相談に対応

女の人

加齢でも活動に期待

婦人科で相談件数が伸びているのが妊娠に対する活動で、晩婚の影響も重なり、不妊は40代女性の悩みの1つに挙げられています。妊活は、年齢が高くなるほどに難しくなるのも事実であり、現に染色体異常の問題も挙げられています。婦人科に相談することによって生活習慣、食生活にも気を配ることができ、40代でも妊娠しやすい体に導くことは可能です。そのためにもまずは、婦人科クリニックなどで内膜症などの内科的検査などをしっかり受けておくことも大切です。20代や30代と異なり、徹底した健康管理も妊活では重要で、クリニックでは卵子の老化などもチェックでき、自然妊娠の期待も持てる利点があります。年代別で指導してくれるのも魅力で、体を酸化させるストレスや紫外線などの影響も加齢によって蓄積されるため、妊活アドバイザーに相談することも適しています。

巡りも関係している

卵巣の機能が低下することで、不妊に悩む女性も少なからずおられます。女性ホルモンが減少する40代での妊活は多いものの、30代で閉経を迎えるケースもあります。若いだけの問題ではないのも、妊娠・出産の難点に挙げられており、20代や30代から妊活へ向けた婦人科クリニックへの受診や相談は必要と指摘されています。妊娠へ向けた活動には卵巣の機能を向上させることや、パートナーとの性交渉などが挙げられています。特に女性側が活動に積極的で、また、妊娠しにくい体は女性特有の未病にも隠されている場合があります。冷えを訴える女性は多く、血行不良は卵巣機能の低下を招きます。クリニックでは巡りを改善させる漢方療法やアロマテラピーなど、新しい療法も提案しているため、活動に悩む女性に適しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加